HOME-TOP > 知識と対策 > 青魚効果と上手な摂り方について!

青魚を食べていますか?

 
思うように血圧が下がらず悩まれている方も大勢いるようですね。

もしかしたら、お肉中心の食生活になっているのが高血圧の原因なのかもしれません。

やはり、魚や肉、野菜などをバランスよく食べることが大切です。

よく青魚が体に良いなんていいますが、調理が面倒で食べない人もいるでしょう。

そこで、このページでは・・・

青魚にはどんな効果があるのか?

上手に摂取するにはどうすればいいか?



これらについて解説していますので、お肉中心の食生活になっている人は参考にしてみてください。

青魚の画像
高血圧の原因と対策


青魚にはどんな効果があるのか?


青魚には、一体どんな効果があるのでしょうか?

「EPA・DHA」って聞いたことがある方は多いと思います。

EPAは「エイコサペンタエン酸」

DHAは「ドコサヘキサエン酸」


このような名前がついています。

EPA・DHAが含まれる青魚にも色々とあります。

例えば、イワシ、サバ、サンマなど。

皆さんご存知の魚ですよね。

これら青魚に含まれるEPA・DHAには、健康効果があることでも有名です。

EPAの効果
中性脂肪を下げる、血管を柔軟にする

DHAの効果
コレステロールを下げる、血管の老化を防ぐ

これらの効果があることが分かっています。

そして、血液サラサラ効果で血流が改善されるんですね。

高血圧の原因としては、ドロドロになっている血液もあるので、血流が良くさせることで血圧も下がっていきます。

そのような事から、青魚は、高血圧の予防と対策になるわけですね。


上手に摂取するにはどうすればいいか?


血圧を下げるため、健康のためにも青魚は毎日摂取したいところです。

ですが、新鮮な魚がいつも手に入る環境ならいいですが、そのような良いところは限られています。

たまにスーパーなどで魚を購入して、調理するのはいいですが、毎日のように魚をさばいて料理をするのは普通の家庭では難しいですよね。

そこで、一番手軽な方法としては、缶詰を食べるのが手っ取り早いです。

サバ缶やイワシ缶など安価の物がありますので、それらで対応するのもいいでしょう。

ちなみに、EPA・DHAを摂る目安としては、1日、1g〜2g程度でよいとされています。

そして缶詰に含まれるEPA・DHAの量ですが・・・

サバの缶詰100gあたり(1缶190g)
DHA量 2600mg EPA量 1700mg

イワシの缶詰100gあたり
DHA量 1200mg EPA量 1600mg

このぐらいの量は摂取できます。

ですので、1缶食べるだけでも十分にEPA・DHAが摂取することができます。

ただ、毎日缶詰というわけにもいきませんよね。

そんな場合、効率よく摂取するには、サプリメントで摂取する方法もあります。

これなら飲むだけなので簡単です。

ネットで調べてみると色々とあるので探してみてください。

それでも、なるべくなら食事でEPA・DHAを摂取した方がいいと思います。

いずれにせよ、高血圧になる原因の1つには、偏った物しか食べなかったり、肉中心の食生活も挙げられるので、これからは青魚を摂り入れて血圧を下げる努力をしましょう。