HOME-TOP > 知識と対策 > 味噌汁は高血圧の原因になる?

味噌汁は高血圧にいい?それとも悪い?

 
高血圧が心配で味噌汁を控えているなんて人もいるでしょう。

もちろん、濃い味の味噌汁を飲めば、塩分の摂り過ぎが気になりますが、味噌にはすばらしい効果も期待できます。

高血圧の原因は、味噌汁なんて思っている人もいますが、逆に高血圧が改善されると言われています。

その理由にはいくつかあります。

具体的に味噌汁には・・・

塩分の吸収を抑制する働きがある

カリウムが含まている

発酵食品

メラノイジンの作用
などがあります。

味噌汁の画像

先ず、味噌汁には塩分の吸収を抑制する働きがあります。

普通、塩分を摂取すると血液量が増加して血圧が高くなります。

ですが、味噌には塩分を排出させる作用があり、なんと摂取した塩分量の約30%を排出するといいます。


なので、味噌汁に含まれる塩分はそれほど気にしなくていいわけです。

それにカリウムも含まれているので、それで塩分を排出することができます。

だからといって、濃い味の味噌汁を飲んでいいわけではありません。

また、味噌汁は、発酵食品となっていて、整腸作用が高いと言われていますので、便秘を改善させ健康と美容に良い結果をもたらしてくれます。

そして、最後のメラノイジンの作用です。

あまり聞きなれない言葉ですが、これは色を表す褐色色素と言った物質で、味噌の色がメラノイジンによるものと言うわけです。

今では、メラノイジンの作用が注目されています。

具体的には・・・

コレステロールを抑制する作用

腸内環境を整える作用

活性酸素を除去する抗酸化作用

血圧の上昇を抑制


これらの効果が期待できます。

人の体には、アンジオテンシンUという物質が生産されますが、メラノイジンはこのアンジオテンシンUの生成を阻害します。

ですので、血圧の上昇を抑える働きがあると言うわけです。

このように味噌汁には、様々な効果が期待できます。
 

効果的に味噌汁を飲むにはどうすればいい?


では、血圧を下げるためには、どのように味噌汁を飲めばいいのか?

それは、味噌汁に入っている具を増やすことです。

味噌汁では、野菜やわかめ、豆腐など、実に様々な具を入れることが可能です。

野菜やわかめなどの具と味噌を取り入れることで、よりカリウムを摂取できるので、塩分を排出させ、血圧を下げる効果が期待できます。

また、メラノイジンの効果を高めるには、赤味噌の八丁味噌を食べるのがお勧めです。

八丁味噌には、強い抗酸化作用の他、コレステロール低下作用、糖尿病予防にも効果的となってます。

ちなみに、愛知県の人は、八丁味噌を使った料理を多く食べるのですが、都道府県別の健康長寿ランキングで、男性は全国1位、女性は3位なんだそうです。

つまり、それだけ、メラノイジンの効果が期待できるというわけです。

八丁味噌を使った料理としては、味噌汁の他に味噌煮込みうどんや田楽、味噌カツなど様々あります。

高血圧が気になる方は、味噌を取り入れる食生活にしてみてはいかがでしょうか?