HOME-TOP > 知識と対策 > 口呼吸が高血圧の原因?

なぜ口呼吸が高血圧の原因になるのか?

 
もしかして、あなたの高血圧の原因は、口呼吸にあるかもしれません。

なかなか血圧が下がらずに悩んでいる人も多くいると思います。

血圧を下げるためには何がいけないのか原因を探る必要がありますよね。

そこで、今回は、口呼吸に注目してみました。

ここでは・・・

なぜ口呼吸だと血圧が上がるのか?その理由とはなにか?

鼻呼吸のメリットについて!

鼻呼吸に変えるにはどうすればいいのか?



これらについて解説していますので、口呼吸で血圧が高いような人は参考にしてみてください。

口呼吸で血圧が高い女性
自律神経を整えて血圧を下げるには?


口呼吸で高血圧になる原因とは?


みなさん、普段は呼吸について意識したことってありますか?

呼吸は、自然なことなので、特に意識していない人が多いかもしれませんね。

実は、口呼吸になっていると血圧が高くなる可能性があるんです。

でも、なんで口呼吸になると血圧が高くなるのか?

その理由ですが、睡眠が大きく関係しています。

質の悪い睡眠は高血圧の原因として考えらています。

質の悪い睡眠と言うのは、熟睡できない状態や睡眠不足のことを言います。

そして、口呼吸の人に多いのが、いびきです。

この「いびき」こそが質の悪い睡眠を作ってしまうわけなんですね

いびきが酷い人は、睡眠時無呼吸症候群になりやくなります。

睡眠時無呼吸症候群になれば睡眠中、何度も呼吸が止まった状態になるので、酸素が十分に行き渡らなくなってしまいます。

そうなれば、当然、健康にも悪いですし、自律神経の乱れを引き起こすことに繋がり、その結果、血圧が高くなっていくと言うわけです。


ですので、口呼吸で血圧が高い人は、鼻呼吸に変えることが大事です。

鼻呼吸に変えることでいびきも改善され血圧も下がるかもしれません。

また、鼻呼吸に治すことで得られるメリットも大きいです。


鼻呼吸のメリットについて!


では、鼻呼吸にするメリットにはどんなことがあるのか?

これは、結果的に免疫力をアップさせることに繋がります。

口呼吸の人は、喉も渇きやすくなります。

すると、口の中で細菌が増えて、それが体内に入ってしまいます。

喉が渇けば、外部から侵入するウイルスにより、風邪もひきやすくなってしまうでしょう。

逆に鼻呼吸にするとどうなるのか?

鼻呼吸の場合、口の中は唾液で潤っていますので、ウイルスや細菌など多くの菌を死滅させる事ができます。

その結果、免疫力アップに繋がるということなんですね。

また、鼻呼吸にすることで、いびきが改善されます。

いびきが改善されれば、睡眠時無呼吸症候群の対策にもなります。

睡眠の質が上がれば、血圧が下がるかもしれません。

いずれにせよ、口呼吸は、直接ではありませんが、高血圧の原因になりますし、健康のためにも鼻呼吸に変えるようにしましょう。

高血圧の原因と対策を解説しています。



鼻呼吸に変えるには?


では、口呼吸の人が鼻呼吸に変えるにはどうすればいいのか?

これには、いくつかやり方があります。

簡単な方法としては、口にテープを貼るやり方があります。

いびきをかく人にも効果的とされています。

寝る前に鼻から顎にかけてテープを貼ることで口呼吸を止めて鼻呼吸にすることができます。

これを行えば鼻呼吸になり、いびきをかかなくなります。


ただ、外出時は人目もあるのでこの方法ができません。

なので、日中は、口呼吸を意識することを心がけてください。

血圧を下げると言う意味でも、鼻呼吸に変えるようにしましょう。