HOME-TOP > 知識と対策 > 自律神経を整えるのは?

自律神経が乱れると血圧が高くなる?

 
自律神経の乱れは高血圧になる原因の1つして考えられます。

自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、これらのバランスを保つことは健康においてとても重要です。

気持ちが高まっている時は、血圧が高くなったり、息切れがしたりします。

この場合は、交感神経が優位になっていて、症状としては、高血が上がる他にも、頭痛や肩こりが起こることもあります。

これを治すには、交感神経と副交感神経のバランスを良くして自立神経の乱れを改善させなけれいけません。

そこで、このページでは、自律神経の乱れを改善させるにはどうすればいいか解説していますので、血圧が高い方は、参考にしてみてください。

自律神経について調べている女性の画像
高血圧の原因は?


自分でできる対策は?


自律神経の乱れは高血圧の原因ですが、自分で対策することも可能です。

具体的な対策としては次のようなものがあります。

  • ストレスを解消する

  • 体操やストレッチで体をほぐす

  • 規則正しい生活習慣を意識する

  • プラセンタを摂取

など。


ストレスを解消する


仕事などでストレスが溜まってしまうと自律神経が乱れてしまうので、ストレス対策をしっかりと意識するといいと思います。

例えば、1日1時間でもいいので趣味に没頭するなど時間を作るのもいいでしょう。

ストレスを解消させるのにお勧めするのは体を休めることです。

高血圧対策の1つと思って、ストレス対策する時間を作りましょう。

上手にストレスを解消されるには?


体操やストレッチで体をほぐす


自律神経を整えるには、体操やストレッチで体を動かしてほぐすことは非常に良いことです。

血行が改善されれば、血圧も自然に下がっていきますので、時間が空いている時などは、簡単なストレッチでいいのでやるようにしてみてください。

高血圧対策のストレッチを取り入れるのもいいですね。



規則正しい生活習慣を意識する


不規則な生活を送っていると自律神経が乱れてしまい、それが高血圧の原因となりますので、必ず生活習慣を見直すようにしてください。

食事に関しては栄養バランスの整った食事にして、睡眠時間は十分に取ることをお勧めします。

これを行うだけでも、自律神経の乱れは改善しますし、血圧も下がっていくので健康的です。


プラセンタを摂取する!


その他の方法としては、プラセンタを摂取するのも自律神経を整えることができます。

プラセンタ配合のサプリメントやドリンクを飲んでみるのもいいかもしれませんね。

ネット通販で色々あるので調べてみてください。