HOME-TOP > 知識と対策 > 高血圧の原因は遺伝が関係ある?

高血圧の原因は遺伝もある?

 
遺伝高血圧と関係があるのかどうか?

高血圧は、なかなか原因が特定するのが難しいと言います。

病院で検査してもらえば、病気が原因の二次性高血圧なのかは判断できるでしょう。

しかし、本能性高血圧の場合は、生活習慣が大きく関係しているので、悪い生活習慣を見直すようにしなければいけません。

また、高血圧の原因で考えられるのが、遺伝があります。

そこで、このページでは・・・

どのぐらいの確立で高血圧は遺伝するのか?

遺伝の場合、どんな対策を行えばいいのか?


これらについて解説していますので参考にしてみてください。

医師の画像
高血圧の原因と血圧の下げ方を徹底解説!

遺伝する確率はどれぐらい?


高血圧が遺伝する確率ってどれぐらいなのか?

一般的には・・・

両親ともに高血圧の場合 ⇒ 50%

片親の場合は ⇒ 30%

両親が正常の場合は ⇒ 15%


このような確率で遺伝すると考えられているようです。

なので、父母ともに高血圧の場合、その子供は注意しなければいけません。


そもそも、高血圧と遺伝の関係って一体なにがあるのか?

これは、血圧を上昇させる遺伝子「アンジオテンシノーゲン」が大きく関係しています。

この遺伝子型を持つ人が塩分を摂り過ぎると高血圧になりやすいと言われているんですね。

それに、親が高血圧の場合、その子供は、どうしても同じ物を食べることになります。

子供の頃から塩分が多めの食事をしていれば、高血圧になってもおかしくはありません。

つまり、子供の頃から食習慣が大きく関係していると考えられます。


具体的な対策について!


では、遺伝が原因の高血圧はどんな対策をすればいいのか?

中には・・・

遺伝だから仕方がない

薬を飲んでいるから大丈夫


このように思ってしまいがちですが、高血圧の予防や改善から考えると、やはり食生活の見直しは重要です。

もし、塩分を過剰摂取しているのであれば、減塩をしなければいけません。

減塩が必要な理由とは?


また、減塩料理だからと言って食べ過ぎてしまえば、塩分を多く摂取することになりますし、カロリーもそれだけ摂取することになります。

そうなれば、肥満にもなってしまいます。

この肥満と言うのも高血圧の原因として考えられているので、自分の理想の体重を目指すようにしなければいけません。

ちなみに肥満度を計算するBMI値というのがあります。

これは・・・

BMI=体重kg/(身長m)2

このように計算します。

標準体型が、18.5〜25となっているので、それ以上の人は肥満になるので注意が必要です。

健康を意識するならBMIは22に近いのが良いと言わています。

また、普段、運動不足が続いてる方やストレスが溜まっている方も高血圧になる原因ですので、対策することが大事です。

高血圧の原因が遺伝だからと諦めるのではなく、予防や改善のためにも生活習慣を見直すようにしましょう。