HOME-TOP > 知識と対策 > 血圧は変動して当たり前?

血圧は変動するもの?

 
人によっては、高血圧の原因は違いますが、血圧と言うのは、常に安定しているわけではありません。

自宅で血圧を毎日、測定している方なら分かると思いますが、測るたびに多少は違いがでてきます。

そして、朝、昼、晩、と血圧は常に変動しているものと思ってください。

ここでは・・・

自律神経の関係について!

血圧計の正しい測り方について!


これらについて解説しています。

血圧を測定している画像
高血圧の原因と血圧の下げ方について


自律神経の関係について!


先ず、血圧というのは、自律神経と大きな関係があります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があるのですが、このバランスを保つことが重要です。

血圧と言うのは、交感神経が優位になると高くなってしまうんですね。

そして、ちょっとした事でも交感神経が活発になります。

例えば、イライラしたり、ストレスが溜まっている時は血圧も高くなります。

もちろん、運動直後も高くなってしまいます。


逆にお風呂に入るとリラックス効果が生まれ、副交感神経が優位になり、下がっていきます。

つまり、どんな人でも生きている以上は、血圧は変動してしまうんですね。

また、基本的には寝ている時は低く、朝活動すると共に血圧は高くなり、夕方は徐々に下がっていきます。

このように一日の中でも大きく変動しますし、ちょっとしたストレス等でも変動すると言う事は覚えておきましょう。

自律神経が乱れると血圧が高くなる?


血圧計の正しい測り方について!


血圧が変動する原因はお分かりいただけたと思います。

ちょっとしたことでも変動してしまいます。

なので、正確に血圧を測定するにはどうすればいいのか?

いくつかポイントがあります。

正しい測り方の基本には・・・

測る時間

測り方


ここをしっかりと覚えておくことが大切です。


測る時間について!


血圧を測定する時間ですが、基本的には、朝起きて朝食前と夜寝る前の2回測るようにしてください。

この時間帯に必ず測ると決めることで、その日の血圧が高いのか低いのか比較することができます。

ですので、確認するという意味でも必ず血圧手帳を用意して記録しましょう。


測り方について!


高血圧の原因と測り方を説明

次に血圧の測り方ですが・・・


椅子に座り、3分ぐらいはそのままの状態でリラックス!

血圧計のカフを巻く際は、きつすぎず、ゆるすぎないこと!

指が1〜2本程度入るぐらいの感じの強さで巻くこと!

心臓と二の腕の高さが同じ高さで測る!

高さが低い場合は、何かの台を利用しましょう!

2回ほど計測して、そのデータを血圧計に記録します!


基本的にはこのようなやり方で計測すれば問題ありません。

血圧手帳に記録をすることで自分の血圧が高いのか低いのか?

高い状態がどのぐらい続いているのか?


これらの事が確認できます。

病院では、この血圧手帳が治療の判断材料になるので、必ず、毎日記録しておきましょう。