HOME-TOP > 知識と対策 > 冬場の温度差に注意しよう!

寒い冬は注意が必要?

 
高血圧の原因は人それぞれですが、寒くなる冬場は、普段、血圧が低いも気をつけなくてはいけません。

なぜなら、温度差があるので、急激に血圧が高くなることがあるからです。

温かい季節は、そんなに気になくてもいいですが、暖房やストーブをつけるようになったら注意が必要です。

そこで、このページでは・・・

ヒートショックの危険性について!

お風呂で事故を起こさないためにはどうすればいいのか?



これらについて解説していますので参考にしてみてください。

お風呂の画像
高血圧の原因と対策について解説!


ヒートショックの危険性について!


ヒートショックって言葉をご存じですか?

これは、温度の急変で体がダメージを受けることを言います。

寒いところから暖かいところに行く場合、逆に暖かいところから寒いところに行く場合は、体に受けるダメージが大きくなります。

例えば、冬の時期では、気温も寒いですよね。

家の中では、暖房があるから暖かいですが、外は冷たいので、外出する時というのは、血管が急激に収縮してしまい、それで血圧が急減に上がってしまいます。

場合によっては、そのまま倒れることもあるので温度差がある時は、注意が必要です。


ですので、血管に負担をかけない為にも少しでも、温度差をなくす必要があるわけですね。

なので、真冬に外出する際は、マフラーをするなどの対策するようにしなくてはいけません。

早い話、暖かい服装をすればいいわけです。

また、見落しがちなのが、トイレお風呂です。

トイレでは、便座が冷たい場合は、座ったとたんヒートショックを受けやすいですし、用を足すのに力む高血圧の原因となります。

そのようなことから、便座を温めておくなど対策をするようにしましょう。

お風呂での事故が増えている?


次に冬場のお風呂ですが、高血圧の人に限らず、中高年の人は注意が必要です。

なぜなら、暖房設備がない脱衣所は、寒いですし、裸になるので、温度差が激しくなり、血圧が高くなってしまいます。

そして、寒いからと言って、浴槽に入ってしまえば、体に負担をかけることになります。

注意事項としては次のことを意識してください。

脱衣所を温める

浴室を温める

お風呂に入ったらシャワーで手足を温める

飲酒後はお風呂に入らない

お風呂の温度は41度以下にする

浸かる時間は長くても10程度


これらのことが大事です。

もし、脱衣所に暖房設備がない場合は、人感センサー付きのヒーターなどを利用するといいです。

工事不要で手軽価格で発売されています。

人感センサー付きのヒーターはコチラ!

これであれば、自動でヒーターが反応しますので、温度差も少なくすることができます。
また、浴室の方は、浴槽にお湯を張り、しばらくシャワーを出して、あらかじめ温めておくと安心です。

服を脱ぎ浴室に入ったら、いきなり全身にシャワーを浴びるのではなく、心臓に遠い、手や足を温めてから体を温めましょう。

もし、アルコールを飲んでからの入浴は危険なのでやってはいけません。

それとお風呂の温度が高すぎると体に負担がかかるので、温度は41度ぐらいを目安いにして、長くても10分ぐらいで上がるようにしましょう。

特に冬場のお風呂では事故が多いので、くれぐれも気をつけてください。