HOME-TOP > 知識と対策 > チョコレートの効果について!

血圧を下げるためにチョコレートがいい?

 
高血圧の原因にも様々あるのですが、なかなか血圧が下がらずに悩む方も多いでしょう。

そんな方は、血圧を下げる方法として、チョコレートを食べるのもいいと思います。

ご存じない方も多いようですが、チョコレートには血圧が下がる効果があるんですね。

ここでは・・・

チョコレートの効果について!

効果的な食べ方や注意することはあるのか?



これらについて解説しています。

なかなか血圧が下がらない方は参考にしてみてください。

チョコレートの画像
高血圧の原因を徹底解説!


効果について!


チョコレートには、様々な効果があることがわかっています。

血圧を下げる効果もそうですが、その他にも・・・

動脈硬化を予防する

美容効果

アレルギーが改善する

脳の活性化

便秘を改善する


などがあります。


高血圧の原因は様々なですが、チョコレートを摂取することで、健康と美容に大きく役立ちます。

でも、なんでそんな効果が期待できるのか疑問ですよね。

それは、チョコレートの成分、カカオポリフェノールに秘密があります。

みなさん、ポリフェノールってワインに含まれているのでご存知の方も多いでしょう。

実は、カカオに含まれるポリフェノールが健康と美容に役立っているわけなんですね。

ポリフェノールの効果としては、高い抗酸化作用で血液をサラサラにする働きや血管拡張などがあります。

その様な事から、血圧を下げたり、動脈硬化を予防など効果が期待できます。

ただし、どんなチョコレートでもよいと言うわけではありません。

効果的な食べ方や注意することは?


先ず、チョコレートに関して言えば、カカオが70%以上の物を食べるのが大事です。

甘いだけのチョコレートでは、逆に体に悪いですので、ここは注意してください。カカオが70%以上のビターチョコレートが効果的とされています。

ちなみに明治の板チョコのブラックチョコでカカオは、40〜50%程度と言われています。

ですので、カカオが70%以上のビターチョコレートは少し割高なのが唯一のデメリットと言えます。

また、食べ方にも注意が必要です。

基本的にポリフェノールは、持続効果が短いとされています。

ですので、一度に多くのチョコレートを食べても意味がありません。

食べる場合は、少ない量、(ひとかけ)を何回かに分けて食べることがポイントになります。

そして、一日の食べる量としては、25g程度で構いません。

25gと言う量は、板チョコの約半分ぐらいと思ってください。
それと、チョコレートを食べているからと言っても、個人差等があるので必ずしも血圧が下がるとは限りません。

高血圧になる原因としては、生活習慣の見直しも大事ですし、運動不足が続くなら運動を行うことも大事です。

つまり、何事もバランスが大事ということは覚えておきましょう。

これらを理解した上でチョコレートを食べること効果を発揮するかもしれませんね。

健康と美容のためにも日頃からチョコレートを食べてみてはいかがでしょうか?