HOME-TOP > 知識と対策 > アルコールを飲んでも大丈夫?

アルコールを飲みすぎると・・・

 
高血圧の原因にも色々ですが、今回は、アルコールに注目してみました。

お酒が好きと言う方も大勢いると思いますが、高血圧の人って、アルコールを摂取しても大丈夫なのか気になるところですよね。

そこで、このページでは・・・

アルコールと高血圧の関係について!

上手にお酒と付き合うには?


これらについて解説していますので参考にしてみてください。

アルコールの画像


アルコールと高血圧の関係について!


まず、アルコールを飲むと血圧はどう変化していくのか?

アルコールを飲むことで、一時的に血管が広がるので血圧は下がります。

健康を保つために飲酒することは良い事とされているんですね。

もちろん、これは、少量を飲んだ場合に限ります。

効果としては・・・

血行が良くなる

体が温かくなる

疲労回復に効果

血管が詰まりにくくなる

心臓病などの循環器系疾患の発病が抑えられる

ストレス緩和される効果


などが挙げられます。

なので、少量のお酒で我慢できるなら、酒は百薬の長とも言われるぐらいなので、健康にはいいんですね。

では、何でアルコールが高血圧の原因になってしまうのか?

その理由ですが、アルコールを過剰摂取してしまうと・・・

心拍数が上がってしまい、心臓に負担がかかります。

そうなると血圧も高くなり、毎日のように飲まれる方は、ナトリウムの感受性を高めるて、慢性的な高血圧となってしまいます。


それに肝臓にも負担がかかるので健康にも悪いです。

また、アルコールの飲むとどうしても、おつまみ等を食べてしまいがちですよね。

もちろん、それらには塩分が含まれている物が多いので塩分の摂り過ぎにもなってしまいます。

塩分の摂り過ぎも高血圧の原因になるので、多量に飲まれる方は気をつけなければいけません。


上手にお酒と付き合うには?


高血圧だけどお酒が飲みたいという人はどうすればいいのか?

早い話、適量で止めることができる分には、問題ないわけですね。

ちなみに適量と言うは・・・

ビールなら中瓶1本500ml

日本酒なら1合180ml

焼酎なら0.6号110ml

ウイスキーならダブル1杯60ml

ワインなら1/4約180ml

缶チューハイなら1.5缶520ml


この量になります。

過剰摂取すると高血圧の原因となるので、アルコールを飲みたいのであれば、適量で抑えることが大事です。

また、毎日飲むよりは週に2日ぐらいは禁酒日を作った方がいいでしょう。

問題は、一度飲んだら止まなくなってしまう方です。

適量で我慢できない人は、禁酒することをお勧めします。

血圧を下げるのもそうですが、自分の健康を維持させるためにも考えてみてください。

ちなみに、禁酒することで得られるメリットはいっぱいあります。

例えば、お酒をやる事でダイエットにもなりますし、禁酒した分のお金も貯まります。

お酒を飲まなくなると夜の時間も長くなるので、自分の趣味に時間を充てることができます。


ですので、アルコールは適量で止めることができるのか?

それともできないのか?

できない場合は、健康や高血圧を改善させるためにも禁酒するようにしましょう。