HOME-TOP > 知識と対策 > 温めると予防になる?

温めると予防になる?

 
高血圧の原因はその人によっても違いますし、対策も様々です。

血圧を下げる簡単な方法としては、体を温めることが良いと言われています。

ご存じの方も多いですが、高血圧の原因に寒さや冷えがあります。

温度が低いと血管が収縮するので、圧力をかけなければなりません。

そこで、体を温めるのが対策としては効果的です。

ですが、いつも暖かい状態をキープできればいいのですが、そうもいきません。

特に気をつけなければいけないのが、冬場です。

暖かいところから外に出ると気温の温度差が激しいので急に血圧が高くなることがあるんですね。

他にも、部屋からトイレ、部屋から脱衣所で服を脱ぐ時などは、温度差が激しいので注意が必要です。

高血圧の人は冬場の温度差に注意しよう!


また、人によっては、冷え症になっている方もいますが、そんな方にお勧めなのが・・・

半身浴

足湯

こたつ


これらになります。


半身浴

半身浴の画像
高血圧の原因と対策について解説!


半身浴のメリットには・・・

高血圧の予防、冷え性の改善

これらがあります。

入浴法は至って簡単です。

お風呂は、少しぬるいと感じるくらいのお湯にします。

そして、20分〜30分程度の半身浴をすると体の芯まで温まりますので、血行が改善されて、血圧も安定していきます。

それと注意することもあります。

それは、半身浴を行う場合は脱水にならないように注意してください。

半身浴をすると大量の汗をかくことになるので、水分を補給しながら入浴しましょう。

ちなみに人の体って上半身に血液が集まりますので、下半身の血行が悪くなりやすいんですね。

なので、これを解消するためにも意識的に下半身を温めるようにしましょう。


足湯

足湯の画像


次に足湯ですが、体を温めるのに抜群の効果が期待できるので高血圧の予防にもなります。

自宅でやる場合は、足湯専用のバケツや大きめのバケツを使うなどして、お風呂場でやると簡単にできます。

温度に関しては、少し熱いと思うぐらいの温度でも大丈夫です。

そして、お風呂場が寒いようでしたら上半身は必ず暖かい物を用意してくださいね。


こたつ

こたつの画像


こたつに関しては、足が温まるので血行が良くなりますので、体が温まり、高血圧の予防につながります。

普段、エアコンを使われる方も多いと思いますが、どうしても足が温まらない傾向にありますので、その場合は、こたつを使うといいでしょう。

あと石油ストーブを使えば部屋全体が温まるのでこの方法もいいでしょう。

気をつけることは上記でも書きましたが、部屋から出る時は温度差が激しく、急に血圧が上がってしまいます。

それを少しでも防ぐためには、暖かい服を着て対処してください。