HOME-TOP > 知識と対策 > コーヒーが予防になる?

コーヒーが予防になる?

 
血圧が高いと心配される方も大勢います。

その人によっても違いますが、高血圧の原因には生活習慣の乱れがあるのでは、食べ物などを改善させることが重要です。

また、高血圧に良いとされる飲み物もあります。

その一つがコーヒーです。

ここでは、血圧を下げる飲み物として「コーヒー」に注目してみました。

コーヒーが好きで、一日に何杯も飲むなんて方もいるようです。

もちろん、嫌いな方もいると思いますが、この飲み物にはどんな効果があるのか?

なんとなく不健康というイメージが強いかもしれませんね。

しかし、コーヒーには、血圧を下げる働きがあることが分かってきたんです。

その理由ですが、コーヒーに含まれるカフェインに秘密があるようなんですね。

カフェインは、心肺機能を落ち着かせるような働きがあり、それで心臓への圧力を軽減すると言われています。

そして、カフェインの利尿作用も注目されています。

もちろん、コーヒーが良いからと言っても、多く飲んでしまえば健康を害しますので、適度に飲むことが大事です。


コーヒーの画像
高血圧になる原因とは?


では、一日にどの位飲めばいいのか?

高血圧の発症リスクを下げるには1日4杯〜6杯以上が目安となっています。

ちなみにコーヒーを飲む事で大腸がんのリスクも低くなるともいわれています。

何度もいいますが、コーヒーが良いからといっても過剰に飲むのはいけません。

飲み過ぎてしまえば、どうしても体に悪影響を与えるので、1日6杯程度に抑えることをお勧めします。

また、飲む際ですが、砂糖やミルクを入れない方がいいです。

糖分を撮りすぎてしまう恐れがあるので注意してください。

要するに、高血圧の予防でコーヒーを飲む場合は、ブラックで飲むことが大事です。

血圧が高めでと言う方は、試してみてはいかがでしょうか?