HOME-TOP > 知識と対策 > 予防はどうすればいい?

高血圧の予防について!

 
高血圧の予防ってどうすればいいのか?

中高年にもなると血圧が高いのが悩みと言う方が多いですが、普段から高血圧にならないために予防することが大切です。

やはり、生活習慣の見直しが不可欠といえるでしょう。

どうしても生活習慣が乱れてしまえば高血圧の発症リスクが高くなってしまいます。


では、具体的に生活習慣をどのように見直せばいいのか?

例えば、仕事が忙しく、毎日寝るのが遅いような人で睡眠時間が短いような人は注意してください。

普段から睡眠不足になっていると高血圧を引き起こすので、ちゃんと睡眠時間は確保することが大事です。


睡眠の質を良くすると血圧が下がる?


理想としては、7〜8時間ぐらいは寝るようにするといいですね。

そして、寝る前は食べないことも大事な要素になります。

なぜなら、高血圧の原因には肥満があるからです。


肥満の方ほど高血圧になりやすいので、寝る3時間前は食べ物は口にしてはいけません。

さらに細かくいうと、ちゃんとカロリー計算をした食事をして、適度な運動を心がけてください。

これを毎日継続していけば次第に体重が減って高血圧の予防と改善につながります。

また、冬場などは、寒暖の差にも十分、気をつけてください。

暖かい場所から寒い場所に行った場合、急激に血圧が上昇しますからね。


このようなことを繰り返していては血圧も下がりづらくなってしまいます。

あと、ストレスも高血圧の原因になりますので、自分に合うストレス解消法を見つけるようにしましょう。

このように生活習慣を見直せば、高血圧の予防と改善につながりますので、ぜひ実践してみてください。