高血圧の原因とは?

 
こちらでは、高血圧原因について解説しています。


会社の健康診断で、はじめて自分の血圧が高いと分かった方も多いはずです。


特に自覚症状がでない事でも知られていますので、高血圧と知った時には、驚かれたでしょう。


では、血圧が高くなる原因にはなにがあるのか?


もちろん、これは人によっても違いますが、主に以下のような事が挙げられます。

塩分の過剰摂取
肥満
遺伝
運動不足
喫煙
飲酒
睡眠不足
ストレス

これらが高血圧になる原因なんですね。


そこで、基本的な対策としては、これらを見直すことが重要です。


高血圧の原因を説明する医師


要するに生活習慣の乱れを正さなければいけません。


しかし、生活習慣を改善しても思うように血圧が下がらない方もいるのも事実です。


そんな方は、病院での治療が必要になります。


症状が初期の場合では、病院でも生活習慣の見直しをするようにと指導されますが、それでも治らない場合や重度の場合は、薬が処方されるようになるんですね。


でも、ご存じでしたか?


薬の服用で血圧は安定してくるのですが、残念ながら薬では根本的には治すことはできません。

降圧剤はあくまでも、対処療法なので血圧は下がるけど、治ったわけではありません。

なので、一度薬を飲むようになると一生飲み続けなければいけないとも言われているんですね。


毎日、薬を服用するとなると、気になってくるのが副作用の問題でしょう。


出来れば、薬なんて飲みたくないと思うのが本音ではないでしょうか。


そのようなこともあり、中には、薬の服用を勝手に止めてしまう方もいます。


確かに今すぐ病気になるわけでもないし、生活習慣を改善するからいいやと思う方もいるでしょう。


ですが、血圧が高い状態をそのまま放置してしまえば、血管が傷ついてしまい、脳梗塞や心筋梗塞など様々な病気を引き起こすこともあります。


脳梗塞や心筋梗塞は、直接、死に繋がりますし、治療が遅れたりすると、マヒが残ったり、リハビリも相当苦労することになるので、このような事態にならない為にもしっかりと対策をしなければいけません。

高血圧の原因で悩む男性


でも、薬は飲みたくないし・・・

自力で改善させることはできないものなのか・・・?

もし、あるとするなら具体的にはどうやればいいのか?



このように思う方がいるのも不思議ではありませんよね。


そこで、ご提案するのが・・・


高血圧下げる「福辻式」


と言う血圧改善プログラムです。


こちらは、1日5分のストレッチをやることで血圧が下がると言うものです。


DVDになっていますので、誰が見ても分かりやすく、誰でも実践できる簡単な内容なんですね。


すぐに覚える事ができますので、ちょっとした時間がある時に対策することが可能!


これまで、多くの方が実践してきて、事実、血圧を下げる事に成功していて、中には、薬の服用をやめる事が出来た方もいます。


血圧を下げる「福辻式」DVDとは?


血圧を下げる福辻式
今回、こちらでお伝えしている血圧を下げる「福辻式」DVDとは
アスカ鍼灸治療院 福辻鋭記 院長が開発した方法です。

福辻氏によると・・・

高血圧の原因は「体が固い」

このように断言しています。

事実、相撲取りは、体が柔らかくて高血圧の人がいないといいます。


つまり、結論としては・・・




というわけです。


体が柔らかくなれば、血行も良くなります。

体を柔らかくし、血行を良くすれば、血液が流れやすくなり、血圧が下がるのです。



そして、開発されたのが、今回のエクササイズになります。

でも、ストレッチやエクササイズって、一般の書籍でも情報は得られますよね。


別にこのDVDでなくてもいいのでは?


このように思われるかもしれませんが、これらは一般的な健康増進のためのストレッチが主です。

ですので、血圧が高いなら、高血圧に特化したストレッチやエクササイズが必要です。



しかし・・・


本当にストレッチをやるだけで高血圧が改善する?


こんな疑問が残りますよね。


ですが、心配ご無用!


この方法は・・・


既に実践者は数多くいて、お客様の声も多数頂き、実績証明されています。


塩分を減らしても、食事制限をしても血圧が下がらなかった人、遺伝的な人、太っているのにダイエットもせずに血圧が下がった人もいますのでご安心下さい。


ちなみに、このエクササイズを開発した当初は

「毎日5分続けて、一か月程度で」

というペースを想定していたようです。


ですが、実践者からは


「たった2〜3日で血圧が下がりました!」


という報告を多数頂きとんでもない即効性があることもわかっています。



以下は「一日」で血圧が下がってしまった例です。

しかもやったことは本当に簡単なストレッチを5分です。


どれだけ下がったというと、これは一例ですが・・・



もちろん個人差はありますが早い人で1〜3日どんなに時間がかかる人でも一か月程度で、血圧が下がっているのです。


やる事は、誰にでもでき、至って簡単なやり方です。


高血圧の原因について

たった、これだけです。


あなたがやることはこれだけで結構です。

早い人で数日、どんなに遅い方でも一か月続けて頂ければ、はっきりとした体感を実感できます!






もし、あなたが・・・・


今すぐでも血圧を下げたい・・・

原因を改善しても血圧が下がらない・・・

できれば薬は飲みたくない・・・

高血圧が原因で病気にかかるはイヤだ・・・

安心して日々を過ごしたい・・・

このように思っているなら福辻式のストレッチ法を試してください。


簡単なストレッチで1日たった5分からでき、自宅にいる時はもちろんのこと、外出先でも実践できるので場所を選びません。


高血圧で悩んでいるなら今すぐ確認しましょう。

高血圧下げる「福辻式」はコチラ!



実際に試した感想は?



福辻式の血圧を下げるストレッチですが、私も血圧が高いので実際に購入して体験してみました。


こちらを購入すると3枚のDVDが送られてきます。


・理論編

・モニター実践編

・実践編まとめ



この3枚です。

血圧を下げる福辻式のDVD


「理論編」では、高血圧の原因など様々な知識を学ぶことができます。

(少々、話が長すぎると言った印象です)


なるほどと思うこともありました。


「モニター実践編」と「実践編まとめ」で、ストレッチのやり方は詳しく解説しています。


やる事は、至って簡単な方法ですし、自分できる事が可能です。


ですが、全部の内容をじっくりと行うとなると、30分はかかってしまいます。


もちろん、一度に全て行う必要は全くありません。


会社の休憩時間などを利用しても行えるものもあります。


ちょっとした合間でもできるものもあります。


ただ、靴を履いた状態では、出来ないものもあります。


また、ある方法に関しては、ダイエットにも効果的ですし、実際に試すと、姿勢が改善されるところも嬉しかったです。


一回試しただけでも、自分の姿勢が良くなることが実感できましたからね。


そして、肝心な血圧に関ですが、確かに効果はありました。


実感できるまで、そんなに期間もかからなかったですね。


もっと早くこの方法を知りたかった


というのが正直な感想です。


もし、あなたが・・・


高血圧が心配・・・

できれば短期間で血圧を下げたい・・・



このように思っているならこの方法は、きっとあなたの役に立つはずです。


それに、万が一、効果が現れず、満足できない場合には、返品することができますからね。


つまり、あなたにとってデメリットは何一つないということです。


但し、返金保証は、予告なく近日終了するとのことです。


本気で血圧を下げたい人は、今すぐ確認してみてください。


高血圧下げる「福辻式」はコチラ!



高血圧を放置するとどうなるのか?


血圧を測定している男性の画像

血圧は下げたいけど、病院で処方される薬は飲みたくないなんて人もいるでしょう。

できる限り、自分の力で改善したいと言う方は多いはずです。

そこで皆さん、生活習慣の見直しをされるわけですが、中には、何も対策をしないで、そのまま放置する方もいます。

そんな人は、特に注意が必要です。

なぜなら、高血圧の状態を放置すると様々な病気を引き起こす可能性があるからです。

先ず、高血圧をそのまま放置してしまうと、動脈硬化引き起こします。

動脈硬化とは、文字通り、動脈が硬くなることですが、この状態が進むと心臓に大きな負担がかかったり、臓器が正しく機能しなくなったりします。

また、場合によっては、血管が詰まりやすくなったり、破れることもあります。

もし、心臓で血管が詰まれば、心筋梗塞にもなりますし、脳であれば脳梗塞です。


つまり、命に関わる病気を引き起こす可能性もあると言う事は覚えておいてください。


高血圧は、特に自覚症状が現れにくいので、何らかの症状が出てきた時には、深刻になっていることあります。

仮に脳梗塞で倒れてしまい、運よく助かったとしても、後でまっているのが、辛いリハビリです。

それに脳梗塞は再発するとも言われているので、そのようになってしまと人生が大きく狂ってしまうことになるんですね。

ですので、高血圧と判明したら、放置しないで、毎日、自宅で血圧を測定したり、食事の見直しや運動不足の解消することが大切です。


高血圧の原因は塩分の過剰摂取?


塩の画像

高血圧の原因には、塩分の過剰摂取が挙げられます。

そこで、みなさん、減塩をするわけですが、そもそもなんで塩を摂り過ぎると血圧が高くなってしまうのかご存じでしたか?

その理由ですが・・・

塩分を多く摂り過ぎると、血液中の塩分量が増加して、それを薄めようとして血管内に水分が取り込まれます。

すると、血液の量が増加しますので、血管が圧迫されるので血圧は高くなります。

ですので、血圧が高い方は、出来る限り減塩に励むようにしなければいけません。

高血圧の治療を開始すると、医師からは、1日6gまでに抑えるように指導されます。
この6gと言う数字ですが、ラーメン1杯で7gぐらいあるので、味の濃い物を食べる時には注意が必要です。

具体的には、ラーメンスープは残すようにしたり、味の濃い味噌汁が出てきたら、具だけ食べて汁は残すようにするなど。

また、自宅で調理をする場合には、塩分の量が調整できるので、最初から薄味にすればいいわけでね。

でも、濃い味が好きと言う方は、薄味では満足できないことが多いのも事実です。

いきなり減塩をすると途中で飽きてしまい失敗してしまう可能性が高くなります。

その様な事から、高血圧が心配で減塩をするなら、徐々に薄味に慣らしていくことが大切です。

まずは、数ある料理の中からどれか一品を減塩にしてみてください。

その状態で慣れてきたら、今度は、二品、三品と減塩料理を増やしていきましょう。

薄味でも大丈夫になると、食材の味そのものが楽しめて血圧も下がるかもしれません。


肥満が高血圧の原因だった?



肥満の人の画像

高血圧の原因の1つに肥満が挙げらるのですが、そもそもなんで太っていると血圧が高くなってしまうのか?

その理由についてですが、肥満になると・・・

・循環血液が増えるので、心臓から血液を排出する際に圧力かかる。

・肥満の方は食べ過ぎる傾向があり、その結果、塩分の摂取量も増えてしまう。

・肥満になると血管が収縮しやすくなるので、血圧を高くしなければならなくなる。

・体内でインスリンに対する免疫が高まり、糖質の代謝が上手に働かなくなる。
このような理由から肥満の方は、血圧が高くなってしまうと言います。

また、肥満が高血圧の原因の場合、高血圧の発症確率が2〜3倍になるとも言われています。

それに、肥満になると高血圧の他にも、様々な生活習慣病を発症しやすくなります。

つまり、健康を維持させたい場合は、痩せる努力をしなければいけません。

では、具体的には何をやればいいのか?

基本的には、有酸素運動が効果的です。

今現在、高血圧と言うのであれば、無酸素運動のように一気に力使うようなものは危険ですので控えた方がいいでしょう。

お勧めな方法としては、ウォーキングです。

ウォーキングであれば、手軽に始めることができますし、特別な道具などは必要ありません。

目安としては、1日30分〜60分ぐらい行うのがいいです。

また、何回かに分けて有酸素運動を行うのもいいでしょう。

ウォーキングをするに辺り、特にルールはありませんが、脱水を防ぐためにも水分補給は忘れずに行ってください。

高血圧の予防や改善のためには、ウォーキングを行う習慣をつけましょう。



遺伝が高血圧の原因になることもある?


高血圧の原因を調べる医師の画像

両親が高血圧の場合、原因は遺伝だったと言う事も考えられます。

具体的な数値としては・・・

両親ともに高血圧の場合 ⇒ 50%

片親の場合は ⇒ 30%

両親が正常の場合は ⇒ 15%
このぐらいの確立で遺伝すると言われています。

では、遺伝と高血圧ってどんな関係があるのか?

子供の頃からの生活習慣も関係してくるので、高血圧になっている両親と同じような食事をしていれば、血圧が高くなるのかもしれません。

しかし、そんなに単純なことではないようです。

遺伝からくる高血圧は「アンジオテンシノーゲン」と言う遺伝子型を持つ人が塩分を摂り過ぎてしまうと高血圧になりやすいと言われています。

ですので、両親が高血圧で遺伝だからと諦めるのではなく、やはり、塩分の過剰摂取はいけませんし、生活習慣や食習慣を改めることが重要です。

遺伝は、変えることができませんが、生活習慣や食習慣は自分の意志で変えることは可能です。

また、遺伝と言えば、肥満遺伝子と言うのもあるので、両親が肥満の場合もやはり注意が必要です。

肥満は、上記で説明した通り、高血圧の原因になりますので、体重管理をしっかり行い、健康を維持させましょう。


アルコールを過剰摂取していると・・・


アルコールの画像

高血圧の原因として考えられているのにアルコールの過剰摂取があります。

ビールやお酒などのアルコールは、少量であれば健康にも良いのですが、いつも飲みすぎてしまう人は気をつけなればいけません。

なぜなら、アルコールを過剰摂取しているとナトリウムの感受性を高めてしまい、慢性的な高血圧になる恐れがあるからです。

それに、アルコールを飲みすぎてしまえば、体に負担がかかってしまいます。

具体的には・・・

・心臓を悪くするするので心不全や不整脈など

・肝臓をが悪くなれば、肝硬変や肝臓がん

・インスリン分泌が低下すると糖尿病
影響で高血圧の他にも、脂質異常症や高血糖、さらに痛風など。

実に様々な病気を引き起こすリスクが高くなります。

また、アルコールを飲むとどうしてもおつまみなどの食べ物が増えてしまい、カロリーや塩分を摂取しがちです。

アルコールの場合、基本的に糖質やカロリーが含まれるので、普通に食事を摂り、飲み過ぎてしまえば、間違いなくカロリーオーバーになります。

高血圧と言う病気は、特に自覚症状がありませんので、症状が出た時には、何かしらの病気を発症している可能性が高いです。

ですので、お酒やビール、焼酎、ワインなどのアルコールを飲まれる人は、たしなむ程度にしておきましょう。

ちなみにアルコールの適量というのは以下の通りです。

ビール 中瓶1本 500ml
日本酒 1合 180ml
焼酎 0.6号 110ml
ワイン 1/4本 約180ml


それと体のことを考えて週に2〜3日は、禁酒日を作ることをお勧めします。

血圧を下げるためにくれぐれもアルコールの飲みすぎには注意しましょう。


コーヒーは血圧を高くするのか?


コーヒーの画像

コーヒーが好きで1日に何杯も飲まれる方もいると思います。

でも、コーヒーが高血圧の原因ともいいますが、実際のところはどうのでしょう?

確かに以前は、血圧が高くなると言われていたようですが、最近の研究では、1日に4杯以上、コーヒーを飲んだ場合、逆に高血圧の危険性が減るとも言われています。

ただ、気になるには、その中に含まれるカフェインではないでしょうか?

カフェインを気にして、コーヒーを控えている人もいると思います。

しかし、カフェインは血圧を下げる効果はありませんが、コーヒーで血圧が高くなるとも言い切れないようです。

また、コーヒーには、ポリフェノールが含まれるのですが、この成分は、血圧を下げる効果が期待できます。

だからと言って、1日に何杯も飲んでいいわけではありません。

やはり、飲みすぎてしまえば、カフェイン中毒も心配ですし、そうなれば、胃痛、自律神経の乱れなども考えられます。

カフェインには、興奮作用があるのですが、交感神経に作用しますので、一時的には多少ですが、血圧は高くなります。

1日に10杯以上とかコーヒーを飲まれるようなカフェイン中毒の方は、逆に血圧を高める可能性があるので注意しなければいけません。


コーヒーのメリットについて!


コーヒーを飲むことで得られる健康メリットもあります。

それは・・・

血管がしなやかになる!

コレステロールの処理能力が高まる!

動脈硬化の予防になる!
などです。

コーヒーに含まれるフェルラ酸と言う物質が血管をしなやかにさせ、また、コレステロールの処理能力が高まり、動脈硬化の予防に繋がるようです。

その結果、心臓病の危険が4割減るとも言われています。


コーヒーで注意することは?


コーヒーは高血圧の原因なるかどうかは、飲み方次第だと思います。

注意することは、やはり、1日に何杯も飲むのはいけません。

特に決まりはありませんが、コーヒーは1日に3〜4杯ぐらいがいいかもれいませんね。

今まで、飲む習慣がなかった人は、1日に1〜2杯ぐらいを目安に飲んでみてはいかがでしょうか?

それと、砂糖を入れて飲むとカロリーや糖分が気になるので、高血圧や健康のことを考えるならブラックで飲むようにしましょう。


睡眠時無呼吸症候群が高血圧の原因になる?


いびきをかく女性の画像

高血圧になる原因としては、睡眠時無呼吸症候群が関係があると言われています。

この症状は、寝ている時に呼吸が止まってしまうので、とてもやっかいなものです。

具体的には・・・

一晩で10秒以上の無呼吸が、30回以上と定義されています。

でも、高血圧とは、一体どんな関係があるのか?

実は、直接関係があるわけではありません。

睡眠時無呼吸症候群になっている方は、寝ている時に呼吸が止まりますので、十分な酸素が取り込まれないんですね。

ですので、睡眠不足になる傾向にあります。

睡眠不足になると言うことは、日中は眠くなりますし、ストレスも溜まってしまいます。

それに、睡眠中は、自律神経の乱れを改善したり、傷ついた血管を修復させるなど、大事な役割があるのですが、睡眠の質が悪い場合は、それが上手くいきません。

高血圧の原因には、睡眠不足やストレス、自律神経の乱れなどがあるので、睡眠時無呼吸症候群の人は、注意する必要があります。


口呼吸・肥満の人は要注意?


口呼吸になっている人や肥満体形の人の特徴にはなにがあるかご存じですか?

それは何かと言うと「いびき」です。

実は、いびきをかくと、睡眠時無呼吸症候群になりやすくなります。

なぜ、いびきや睡眠時無呼吸症候群がいけないのかと言えば、寝ている時に突然死を起こす可能性があるということです。

ですので、高血圧はもちろんのこと、突然死を引き起こさない為にも「いびき」や「肥満」を改善させなければいけません。

そして、いびきを改善させる方法として、効果的なのが、鼻呼吸に変えることです。

口呼吸から鼻呼吸に変えることで、得られるメリットには・・・

いびき改善

風邪予防

免疫力アップ
などがあります。

ですので、普段、口呼吸の人は、鼻呼吸にするようにしましょう。

また、寝ている時は、自然に口呼吸になると言う方も多いですが、そんな場合は、寝る時、テープを口に貼ると鼻呼吸になりますので試してみてください。

他には、横向きで寝るのも、いびき対策になりますので、こちらも併せて行ってみるといいと思います。

それと、肥満体形と言う方は、基本的に食べ物の見直しや運動を行い痩せることが大事です。

痩せるだけでも、血圧は下がりますので、高血圧が気になる方は、自分の健康を考えてダイエットをするようにしましょう。


座りっぱなしだと血圧が高くなる?


座りっぱなしが高血圧の原因?

もし、あなたがディスクワークで座ることが多かったり、同じ姿勢でずっと仕事を続けているような場合は、注意した方がいいです。

なぜなら、同じ姿勢が続くことで、血圧が高くなる可能性があるからです。

職場では、ディスクワークで長時間、椅子に座りっぱなしと言う人もいるでしょう。

しかし、なんで座りっぱなしがいけないのか?

その理由は、血流が悪くなるからです。

同じ体勢でいると言う事は、エコノミークラス症候群になりやすく、血栓ができて血管が詰まる事もあります。

もちろん、それだけではありません。

他にも、心臓病やガン、肥満などを発症させるリスクが高くなってしまうんですね。

ですので、今では、企業によっては、スタンディングディスクを採用しているところもあります。

つまり、社員の健康のことを考えれば、座っているよりも立って仕事をした方がいいですし、立った方が仕事がはかどるとも言われています。

ただ、スタンディングディスクを採用していない会社もまだまだありますので、そんな場合は、仕事の合間や休憩時間にストレッチやマッサージなどをこまめに行うようにして対策するようにしてください。

それと、すでに退職されて家で過ごす機会が増えた高齢の方も注意しなければいけません。

仕事をする義務がなくなると、ついテレビを見たまま、ボーっとしてしまいがちですが、そうなると高血圧の他に認知症などを発症しやすくなるので、高齢の方も適度な運動は行うように心がけしましょう。





なかなか血圧が思うように下がらない方にとっておきの方法があります。
高血圧が気になる方は確認してみてください。

簡単に血圧を下げる方法について!

 

 

リンク:血圧を下げる方法!日本高血圧学会 | 厚生労働省 | 日本生活習慣病予防協会